読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ついに村上隆個展in日本

アート

とうとう今月末ですね

 

村上隆五百羅漢図展

 会場の作品は日本初公開のもので五百羅漢図は全長100m!!

www.mori.art.museum

なんと、日本での個展は2001年以来14年ぶりらしいです

 

「召喚するかドアを開けるか回復するか全滅するか」(2001年(平成13年)東京都現代美術館)この展示以来ということですね

 

2001年の頃はまだ名前も知らなかったな~

 

村上隆とは?

さてさて、村上隆とは誰やねんと思う方もいるかもしれませんが

大体の人に「白くてカラフルなルイ・ヴィトン」を考えた人というと興味を持ってもらえます

takashi murakami (@takashipom) | Twitter

 

ホントに簡単にいうと、日本のオタク文化を日本の戦後史、浮世絵などの日本美術と絡めて現代アートに繋いだひとで

 

下記の記事に載ってますが、2014年の世界で活躍するアーティストの9位になってます

plginrt-project.com

世界で9位ってすごいですよね

この人の考え方に出会うまではグチグチ描き続けていれば救われるという

日本人が想像しやすい貧乏な画家のイメージで絵を描いてました

著作も面白いですよ↓

 

芸術と起業という単語が並んでるのが不思議でしたし表紙のインパクト!

凄すぎます

当時はワクワクしながらこの本を読んで自分を見失うくらい影響されてました

芸術家はぬるいモラトリアム期間じゃなく起業家なんだ!と言われた気がします

本はもうないしうる覚えですが村上さんの熱気は覚えてます

 

他にも展覧会の図録ありますがどれも重くて分厚いです

 

 

 

 

 

 この2つ今も持ってます。好きな作品は「そして、そしてそしてそして」です

あのDOBくんのやってやるぜ!って目が好きです

 

さて、今月末ですが楽しみです

100mどうやって展示するのか展示方法も興味ありますね

立体も置くだろうし

うん、今は待つのみ

 

 

 

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。