読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

水も昔はタダだった!テキストの有料化はnoteがアツイ

生き方

最近「note」で有料テキストを売ることが話題となっていますね。

 

noteとは、個人のクリエイターが、自分のメディアとしてコンテンツを発表するためのプラットフォームです。文章、マンガ、絵、音楽、映像などが、無料でも有料でも配信できます。また、ファンがサポートする機能もあります。

 

 

 

湧き水のようなテキストコンテンツ

 

ネットの世界では、どこもかしこも湧き水のようにテキストがあふれ出ている。

個人個人の思いがどんどん湧き出る感じですよね。噴き出してるのかもしれない。

そう、「テキスト」=「水」

しかも、読む側はタダで見てるし、書き手も無料でいい(PVがあればいい)と思っている。

そんな中に、新たな風が吹くかもしれない。

 

 

こんな風に、自分のテキストコンテンツを簡単に売れる可能性が出てきたのであります。

 

テキストなんて売れるの?

そこらで湧き水のように出ているテキストを買ってくれ!と言って買ってくれる人はいるのだろうか?

 答えは「います」

だって湧き水が欲しい人いますよね?

水道水じゃなくて、今日は湧き水でお風呂に入りたい人だっているはずです。

ボクは毎日じゃなくても週三くらいで入りたいです。(お金があれば)

 

www.inoueyuuki.com

 

 

 

結構、買う人いるんですよ。ちなみにボクもためしに買ってます。

値段相応かは、置いておきます。値段なんて言い値ですからね。

二日酔いの日は水道水だって甘くて美味しいです。

 

で、何が言いたいかというと

 

 テキストは有料になる

 

テキストコンテンツは有料になりえますよね。昔から情報商材とか、有料メルマガとかありますもんね。

でも、多くの人はネットでのテキストはタダだって思ってるんじゃないかと思います。

ボクも昔は、「」なんて買う人バカだって思ってましたけど、今は「」が一番美味しい時ありますよ。(二日酔いの時とか)

 

ここで問題なのはタイムとプレイスです

 

皆さんが「水(ミネラルウォーター)」を買う時はいつですか?

ボクは不摂生が続いたです。

水なら、水道の蛇口をひねれば出るじゃないか!

そうです。でも蛇口がないもありますよね。

そうなんです。時と場所のタイミングさえあえば

水(ミネラルウォーター)」は売れます。

もし、買った人が満足すればリピーターにもなってくれるでしょう。

 

こうして、テキストコンテンツは売れていきます。

 

ただ、プロのテキストは多くのミネラル(栄養)を含んでいます

ここでいうミネラルとは知りたいことです。

 

noteをクリエイターが使うには

 

最後に、noteをクリエイターが使うにはどうしたらいいでしょうか?

マンガ、音楽、映像はそのまま有料でオッケー!絵画やスカルプチャーなどの一度作ったモノだけを売る行為はどうすればいいでしょう。

ボクなら、絵画の、写真をnoteで売ります。スカルプチャーも同じです。もしかしたら、面白いコンセプトで作られたモノかもしれないので、作品の作られた背景をテキストコンテンツで売ってもいいかもしれません。従来なら、ギャラリストかインタビュアーにしか言わなかった事を有料で配信できるのです。

 

note.mu

 

うん、noteあついです。クリエイターにとって一番苦手なことがマネタイズだったりしますから。これは使って損はないですね。

 

 

 

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。