読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

好きとか愛してるとかは人に言わない

好きとか愛してるとかは言わない

よく、日本の男って愛情表現しないよね~

とか言われますよね

ボクも「好き」とか「愛してる」とかって言葉を使いません

 

 

その言葉を使うとき

で、考えてみたんですが、ボクが「好き」とか「愛してる」という言葉を使うのは

 

「生きてる人間」に対してではなくて

 

「モノ」に対して使うことが多いんです

 

このジーパン好き!

この植物好き!

この空間を愛してる!(言ったことないですけど、たとえで)

 

なんというか、「モノ」には1つの側面しかなくて、そこが好きなら好き。嫌いなら嫌い。で終わってしまって簡単に判断できるんですよ

 

でも、「生きてる人」って近づいて、話したりして、好きになって。というのを経て

近づきすぎて嫌いになって、遠ざけて、上辺だけになって

それでもまた近づいて一緒にいる。

 

だから、嫌いな部分もあって、それでも一緒にいるから

なんとなく、許してる部分もあって、多分相手もボクのダメなところを許してる

最初の「好き」とは違うんですよね

その人の色んな面を一通りみて、一緒にいるわけで

これも「好き」とか「愛してる」でいいんですかね?

 

なんか違うんだよなぁ~

 

 

ってことで、ボクは結婚式の誓いの言葉で「好き」とか「愛してる」

ではなくて、2つを超えたという表現を使い「ずっと一緒にいて下さい」という言葉を選びました

 

 

 

 

 

 

 

 あっ舞城王太郎は好きです↓あれ?人だ

 

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。