MENU

会社を辞める時は自分のことだけ考えて良い

会社を辞めるときにあれこれ考える人について

先日、PSKさんのブログにこんなことが書いてありました

psk.blog.jp

質問者さんは、会社を辞めたいが、自分が辞めたら会社が破綻するのではないかと心配して辞めれないそうです

そして、自身が辞めるという事に「裏切る」というイメージさえ持っている、と

 

 

1人辞めて会社が破綻するならそれは経営者の責任です

ボクの結論もPSKさんとまったく同じで

次に会社のお話ですが、1人や2人が抜けたぐらいで破綻する企業は遅かれ早かれ傾くと思います。

それは、あなたの責任どうこうの問題ではないです。

組織としての仕組みに問題がありますので、そこは気にする必要はないと思いますね。

 

ボクもそう思ってた時期があった

実はボクもそう思ってた時期がありました。質問者さんと同じで長年勤めてた先輩が辞めたのです。

 

ボクの場合、先輩は交通事故だったので次の日から居なくなりました。(だれも亡くなってません)

ボクはこの先輩が一番優秀だと思ってたのでかなり不安でした。

 

ですが会社という「組織」も人間という「生き物」で成り立っているので、たとえ「歯車」と表現されたって、傷口をふさぐカサブタのように試行錯誤しながらゆっくり再生していくんですよね。

 

 

ボクはこれを身を持って体験してます。

人って任された分だけ成長しますし、試行錯誤できますからね

逆に骨折したところみたいに強くなったりするかもしれません

対処法もできますしね

 

なので、会社を辞めたいと思ったときは自分の事だけ考えて良い。です。

それでも後ろめたい人は、引き継ぎをすれば良いだけの話です。

 

もちろん、無言でバックレは良くないですけど

 

今回は以上です!それではまた

 

 

 

 

 

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。