イライラしやすい人におすすめな本!「自由になるトレーニング」

自由になるトレーニング

この本が最近読んだ中でダントツにきてます!

 

 

そんなに高くないし、対談なので読みやすくてオススメです。95ページですし

サクッと読めますよ

 

では、どこがおすすめポイントかというと

 

感情の奴隷になるのではなくて感情の主人になれ

 

f:id:hisashichan:20160421205604j:plain

「念」は〝今ここ〟の心の動きを素早く察知するスピード。「定」は心にどんな現象が生じてこようと、それに動じずしっかりと受け止められるパワー。そして「慧」は生じてきたすべての現象を教訓や学びへと変えていくテクニックです。すなわち、仏教の修行というのは、〝心の奴隷〟になるのではなく〝心の主〟となっていくための「真の心の強さ」を培うためのトレーニングと言っていいでしょうね。

というところです。

   *本文から引用

 

つまり、怒りや悲しみ、不安など、心を侵されやすい感情に対して

なんで、怒っているのか?なんで悲しいのかを上から見れる感情の監督を心の中に置くことが大切なんだなと感じました。

そして、その感情を受け入れることも大切です。この感情はダメとかはなしです。

 

なんだか、この感覚を知ってから自分がなんで怒ってるのか。なんでイライラしてるのか。なんで不安に思ってるか。などの感情を上から見ることができます。

そして、原因が分かり「そんなことか」と思うようになりました。

 

その他のおすすめポイントもいくつか

 

ストレスやイライラの原因はほとんど人間関係

 

人間関係に求めすぎると、「こうならなければ!」となってしまい、結局思い通りにならず苦しみます。それを仏教の法則では「求不得苦」といいます。

あるがまま聞いてくれる人に頼るのはいいでしょうね。ああしろ、こうしろって、言いすぎる人もいますからね。

   *本文から引用

 ということからもわかる通り。ストレスを減らすには、まず付き合う人を選ぶか減らすのが早いようです。

 

ここらへんは話題になった「嫌われる勇気」なんかも参考になりますね。

 

 

許し

怒りについて瞑想して洞察すると、必ずそこには、「こうあってほしいという願いがかなわない怒り」を見つけることができるんです。

プラユキさんが瞑想のポイントとして「どんな感情が来ても、オッケーだよ。消そうとしなくていいよ」と言っているのを聞いて、ああ、ただそのまま受け止めてあげればよかったんだ、と。負の感情を消さなくても「今、ここ」に気づけば、それはまた流れていく。最終的には勝手に消える。自分でトレーニングをしてばかりだと、知らず知らず癖でアレンジしちゃう。だから時々、コーチについて正しい対処法を思い出し、修正することも大事だなーと思ったところです。

   *本文から引用

 

「許し」というのは最近のボクのキーワードです。

相手を許すのはもちろん。ダメな自分も許すとかなり楽ですよ。

 

余談ですが。

結婚相手の決定打はこの「許し」がお互いに合ってる人がベストだとボクは思います。 

 

 

f:id:hisashichan:20160421205643j:plain

 

 

実は無料でも読めます

 

そう。この本は実は無料でも読めます。

kindleを持っていて、Amazonのプライム会員だと月に1冊。対象の本が無料で読めます(オーナーライブラリーといいます)。

このブログで何回も伝えているんですが

Amazonのプライム会員にはなった方がいいですよ。年会費3900円税込です。

まだなってない方は是非なってみて下さい。

Amazon.co.jp: Amazon Prime

 

 ではでは!

 

 

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。