【タイムスケジュール編】会社に勤めながら独学でインテリアコーディネーターの1次試験を合格した実際のタイムスケジュール

こんにちは、土になりたいこんどうです。

 

今回は、会社に勤めながら独学でインテリアコーディネーターの1次試験を1発合格した時のタイムスケジュールを書いていこうと思います。

 

皆さんとは、生活環境が違うと思うので「参考」程度になればなと思います。

 

f:id:hisashichan:20170511210215p:plain

 

平日のタイムスケジュール

 

ボクは当時、独身で一人暮らしでした。毎晩晩酌をしたいので勉強は朝方になります。

仕事は、法人向けにお昼のお弁当を12時までに届け、午後回収するというような仕事をしてました。

 

 

朝3時~5時半まで

平日は朝3時に起きます。季節は春。6~7月くらいから試験勉強を始めました。

 

 

 

 主に、こちらの短期合格テキストを朝はやってました。テキストと問題集が合わさった感じで全体像をはやくつかめた事は良かったです。

 

しかし、今は販売していないのか、中古のものがかなり高額になっています。現在1万円を超えていますがボクが買ったときは定価のものだったのでそこまでの価値はないです。(2千円くらいだと思います。)

 

そして、全体像をつかみながら詳しく知りたいことをヤフオクで買った数年前のユーキャンのテキストで勉強してました。

 

ちゃんとユーキャンで買いたい人はこちら

ヤフオクで買いたい人はこちら

 

*楽天でもユーキャンの講座も買えるようです↓



ユーキャンのインテリアコーディネーター通信講座【分割払い】

 

およそ2時間半ありますが、ボクの集中力は45分なので、1時間に15分は休憩を入れてました。

 

休憩だと思って横になると寝てしまうので、そのころは夏目漱石の小説をkindleで読んだり、コーヒーを入れたりして、自分の楽しい事を休憩時間にしてました。

 

休憩時間に好きなことを盛り込んだ方が、早朝に起きて「よし、やるか!」って気になります。

 

5時半~8時半

 

早朝の勉強が終わると朝食の準備をして、それを食べます。仕事に行く準備をして6時半に出発です。

7時に会社に着き弁当を車に積み込みます。8時少し前にタイムカードを押しに事務所に行き朝礼がはじまります。

 

朝礼が終わった後、すぐに配達に向かわなくてもいいんですが、この頃はすぐに出発し、最初のお客さんの少し前で待機し勉強してました。

 

そんな、スキマ時間で勉強しやすいのがこちら↓

 

 

 

過去問です。はじめは全然解けないと思いますが、答えを暗記しよう!という意気込みでつづけてみてください。

 

ボクの場合、スキマ時間は5~10分だったのでランダムに開けた2ページ分を解くという感じでしたね。

 

8時半~15時半

 

ちゃんと仕事します。仕事しながら訪問先のインテリアの研究をしてました。

(朝、勉強した素材だ!)

(やっぱりこういう職場はこういう床の方がいいな)

とか、ひとりで考えてました。

 

あとは、運転しながら住宅の屋根の名前を復習したりできました。

 

インテリアコーディネーターの資格勉強は勉強したものが生活環境のなかに実際にあるのでテキストだけでなく、仕事しながら勉強できます。

 

15時半~16時まで

 

16時くらいにみんな帰社してくるのですが、ボクは仕事を猛ダッシュでやって30分時間を作りました。

会社に帰る時間は変えずに勉強時間を作るのです。

 

この時間も、やはりこの過去問です。

 

 

 

よく知らない言葉だけどこれが答えでしょ!って状態になりましょう。

 

18時半帰宅

 

この頃はいつも18時くらいに家に着き、晩御飯をつくり、晩酌をして9時までに寝るようにしてました。

夜は勉強してませんでした。

 

なので、平日の勉強時間は朝の2時間半仕事の合間のスキマ時間を足しておよそ3時間くらいということになります。

 

仕事と家事をやりながら平日に3時間くらいは毎日勉強できちゃうんですね。でも、ホントにおっくうな日は朝寝てました(笑)

 

 休日のタイムスケジュール

 休日は、朝ゆっくり起きて、午前中の頭がスッキリしている時間に勉強時間をとります。

45分区切りでを2回。朝食を食べてもう2回やりました。

 

そしたら、午後はホームセンターに行って丁番とか、木材とかを実際に見に行くか、勉強しないで休日しかできない事やるか、といったぐあいです。

 

なので、休日に勉強時間が増えているかというと、大体、平日とおんなじくらいだと思います。

 

もちろん、試験直前の休日はもっとガシガシ勉強しました。

 

試験直前

だいたい8月入るまでゆっくりしたペースで全体を把握していきました。

で、8月~9月半ばまで下の2つの問題集を2回~3回やりました。

 

 

 

 

1回目で正解した問題に〇。適当で正解した問題に△。間違えた問題に×をつけて、2回目は△と×の問題だけやります。

そうすると自分がわかってないポイントが見えてくるのでそれを別の暗記ノートに写します。

ボクの場合、法律、マーク、ランプ、塗料のアルファベットなどが苦手ということがわかり、小さいノートにテキストのコピーを張り付けていつでも見れるようにしました

この方法で、中古のテキストをブックオフなどで買って切り貼りし、自分苦手用ノートを作ってしまうのもありです。

 

ここまでくると、過去問で70~80%くらいの問題が解けると思います。

 

なので、知らない問題を解きたい欲が出てきます。そこで、試験直前の9月後半からはこちらの2つの問題集で追い込みをかけます。

 

 

 

さいごに

 

最後になりましたが、ユーキャンや日建学院などが行っている模試などもあるので、そちらで実力を見てみるのも良いと思います。

 

www.u-can.co.jp

 

それでは、みなさんの合格を祈ってます!

 

 

 

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。