MENU

『クレイジーウェディング 』CRAZY WEDDING体験記 その5

こんにちは、土になりたいこんどうです。

 

f:id:hisashichan:20170608212027j:plain

年内最後の訪問 (もちろん何も宿題してない)


結婚式の時期をずらしたことにより、次の面会まで3か月も間があくことになった。


その間、結婚式費用カットによる創作物の宿題もあったが、お金面でほっとして3か月があっという間に過ぎてしまった(笑)


年内最後の訪問の際も宿題はできておらず。正直に「できてません。」といって「わっかりました~。できたらメールからでもいいので見せてください。」と言われました。

 

 

結婚式費用カットによる創作物


ちなみに創作物は、招待状、フィンガーツリー、席札、両親へ贈る写真たて、最後に参加者に配るお菓子、内祝いの品、結婚式の最中に流す2人のプロフィールムービー。

ここら辺をボクが作りました。ちょこちょこお金がかかるモノってあるんですよね。それらをカットして結婚式費用を抑えました。



招待状


招待状はワード等で簡単に作れます。ボクはオープンオフィスという無料ソフトで作りました。
内容は二人の写真、あいさつ文、開催日時と場所、地図といった感じです。事前に参加の確認を電話やLINEでして参加者だけに送ることで往復ハガキを使わない方法を取りました。

 

フィンガーツリー


フィンガーツリーってなんですか?ってボクも聞きました。こんな感じのものです。

当日来てくれた参加者に名前を書いてもらい、最後に2人もサインすることによってその場にいる人達に結婚の誓いをします。
ボクらは人前式を希望していたのでフィンガーツリーが必要だったんだと思います。
これはオススメです。今でも部屋に飾ってあって結婚式を思い出します。みんなの名前があるのもイイですね。

 

席札


色々な作り方があると思います。厚紙に名前を書くだけでオッケーだと思います。
ボクはなぜか輪切りにした木に名前をスタンプしよう!と思って木が大きすぎて切れず失敗。近くにあった竹を切って輪切りにして名前をスタンプしました。

 


そして、それをアートディレクターがあつかうとこうなります。

 

f:id:hisashichan:20170608210321j:plain


両親へ贈る写真立て


当日写真を飾ってもらう写真たてを贈ろうとなり制作しました。
写真たてのフレームに何か描いたり、ガラス面にメッセージを書いたり色々できるかと思います。
ボクは透明なアクリル板で挟むタイプの写真たてを買って、表面をルーターで削って装飾しました。
シンプルでよかったと思ってます。

f:id:hisashichan:20170608210443j:plain

 

最後に参加者に配るお菓子


結婚式の最後に参加者に渡すお菓子みたいのありますよね?それです。


ボクらはテーマが「マーブルデイズ」だったので業務用のマーブルチョコをかって60人分に小分けして「ありがとう」のメッセージをそえました。

 

内祝いの品


参加者に来てくれたお礼として贈る内祝いです。ボクは後日郵送する形でお米にしました。
クレイジーウェディングさんの担当の方から色々おすすめをいただきました。
紹介されたサイトにBASEなどのハンドメイドサイトに出店している方のものもありハンドメイド面白いな~と思いました。

一点ものもありますし、既製品ではないので思い出にもなると思います。


結婚式の最中に流す2人のプロフィールムービー


これはかなり節約できましたし、ムービーの内容をコントロールできたのでやってよかったと思っています。


結構、費用を抑えるために自作で作る方がいるみたいです。無料でダウンロードしたソフトと制作のの仕方が載ったサイトを教えてもらい、ボクでもできました。

 

ウインドウズムービーメーカーというヤツなんですが、


もう、参考にしていたサイトはなくなってしまったので、良さそうなサイトを貼っておきます。

 ①how-to-inc.com

 

初心者のためのWindowsムービーメーカー&Windows Liveムービーメーカー使い方講座 – ~無料だけど高機能!しかも初心者にも簡単なムービーメーカーの使い方をご紹介!


あと、用意するものは写真のデータと音楽データです。


これも、古いアルバムから写真を選んでカメラのキタムラ ネットショップ さんに持って行けば数分でやってもらいます。

お金がかかるのはこの時だけで、最近の写真などはスマホから直接データをパソコンに送ったので楽でした。


5分程度の動画で写真30枚くらいがおすすめです。

 

私事ですが、退職してました。


3月に結婚式だったんですが、実は12月いっぱいで勤めていた会社を退職していました。
自分の人生を振り返ったり考えたりする中で、このままじゃいけないと感じることが多くなりました。

「おいおい、60万貯める計画は大丈夫なのかい?」


自分でも思ったのですが、はじめからボーナスを計算に入れていなかったのと妻がまだ働いてくれてて、辞めなよ。と言ってくれた事で踏ん切りがつきました。

 

親に内緒で就活してました。


妻の了承をえたものの、両親には言えずにいました。


一か月の就職活動の末に選んだ職種は農業でした。

 

ずっと、やりたかったけどお金にならないとか辛いとか思っていましたが、やっぱり最後は「やりたい」が勝ちました。


職業が決まって、ようやく両親に「実は・・・」という形で退職していたことを打ち明けることができました。

 

両親とも、ボクに対するいろんな気持ちがあったと思いますが、それはすんなり受け入れてくれました。

 

人生を変えるような結婚式に、やる前に人生変えられた


もしかしたら、ボクはボクのことをずっと後回しに考えていたのかもしれません。勤めている会社やチームの事を最優先して考えてきました。


そんな時に、自分と人生について再確認して、考える空間をくれたクレイジーウェディングに出会って、式をやる前に人生を変えられたなと思いました。


いま考えても、この時の行動は謎ばかりです。

 

だんだん結婚式に近づいてきました。

 

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。