「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」を読むと、いつどのタイミングで飲むのが正解かわかります!


こんにちは、こんどうです。

 

皆さん、毎日飲んでいるコーヒーに飲むと良いタイミングがあるのって知ってますか?

 

結論から言うと、コーヒーを飲むタイミングは「午前9時半~ 11 時半」と、「午後2時~5時まで」の間がベストなんです。

 

今までコーヒーを飲みたいときに飲んで

 

・体調が不調になる

・なんかイライラする

・逆に眠くなる

 

なんてことに当てはまる人は、一度このタイミングで飲むように気をつけてください。

 

それでは「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」を読んで、学んだ事を書いていこうと思います。

 

f:id:hisashichan:20180718211736p:plain

 

コーヒーは、覚醒作用のほか、記憶力向上、リラックス効果、ダイエット作用など、非常にメリットの多い飲み物です。

しかし一歩間違えば、仕事の不調やパフォーマンスを下げてしまう、表裏一体的な飲み物でもあります。  

そんなコーヒーを使い分けるカギは「いつ、どのタイミングで飲むのか?」

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」文中から引用

 

 

 

*今ならkindleunlimitedで読めます☝️

 

 朝のコーヒーはダメ

 

f:id:hisashichan:20180719195400p:plain

 

これは意外だったんですが、朝のコーヒーはダメです。

 

その理由は、目覚めと大きく関わっている「コルチゾール」と言うホルモンが抑制されてしまうからです。

 

コルチゾールは、6時頃から分泌量が増えていき、午前8~9時にピークを迎えます。

 

この間にコーヒーを飲んでしまうと、目覚めを良くするどころか覚醒の妨げになるようです。

 

さらに悲しいことに、朝コーヒーを続けコルチゾールを抑制してしまうと、カフェインに耐性がついてしまい、終日コーヒーの良い効果が得られません。

 

では、いつコーヒー飲めるのでしょうか?

 

答えは簡単。出社してからです。  

 

覚醒を左右するコルチゾールは、1日を通して均一に分泌されるのではなく、時間によって変動します。

前述のように、早朝6時くらいから分泌量が増え始め、午前8~9時にピークを迎え、午前9時半頃から減り始めます。

 

このコルチゾールが減少するタイミングを狙ってコーヒーを体内に注入するのがカフェイン効果を活かすコツなのです。

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」文中から引用

 

午前中は、9時半から12時の間がベストです。

 

午後のコーヒーを飲むタイミング

 

終日を通して、このコルチゾールというホルモンの分泌量にそって飲むのがポイントです。

 

午後は、14時〜17時がベストです。

 

 

コーヒーを飲むときの注意点

 

無意識、無制限で飲むコーヒーはデブと疲れの元凶になります。

脂肪燃焼効果があるとダイエットでも話題になったコーヒーですが、飲み過ぎると逆に肥満の原因をつくり出します。

 適度なコーヒーは癒し作用や疲労回復効果に貢献をしてくれますが、過度なコーヒーは私たちの体にとって「ストレス」と認識され、これに対しストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が分泌されてしまいます。

 

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」文中から引用

 

コーヒーには心身を覚醒させる力がありますが、コーヒーに含まれるカフェインの効果で一時的に誤魔化された状態にすぎません。

 

カフェインは、やる気や集中力を引き出すアドレナリンやコルチゾールの分泌を促しますが、これらのホルモンが増え過ぎると、疲労の原因になったり、免疫力低下、性ホルモンの乱れを引き起こす可能性があります。

 

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」文中から引用

 

コーヒーに含まれる、クロロゲン酸による効果

 

・抗酸化作用

・糖尿病予防

・老化抑制作用

・コレステロールを抑制

・血糖値の上昇を抑制

・糖分の吸収を遅らせる

 

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」文中から引用

 

でも、コーヒーならどれでも良いという事ではなく、このクロロゲン酸が多く含まれている煎り方、挽き方があります。 

 

コーヒー豆の煎り方や挽き方によって差が出てくるのです。  クロロゲン酸の恩恵を最大限に受けたいならば、浅煎りがおすすめ。「ライトロースト」や「シナモンロースト」と呼ばれる辺りがよいでしょう。また、挽き方は中挽き。

 

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」文中から引用

 

まとめ

 コーヒーに関してまとめると、浅煎りのライトローストのコーヒーを「午前9時半~ 11 時半」と、「午後2時~5時まで」の間で飲むのがベストですね!

 

ボク自身、朝からコーヒーを飲むより、これらの時間で飲むようになってからその後の集中力が良いです。

 

朝からコーヒー飲むとなんか日中イライラしてたんですよね。。。

 

今回は、コーヒーの事だけ書きましたが、この本には夜のビールの事も載っています。

居酒屋に入って「とりあえずビール」が正解だ!なんて事からビールの飲み方まで書いてあります。

 

最初の1杯でビールを注文するのは、健康的にもビジネス的にも賢い選択です。

ビールには食前酒(アペリティフ)としての働きがあり、食欲増進や、場の空気を和らげるといった効果がある

「朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる」文中から引用

 

 コーヒーの事や夜のビールについてホルモンの作用から書いてあるので、すごく参考になります。

詳しく知りたい方はこちらから👇

 

 

それでは〜

このブログは運営維持のため、広告として「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト」を含む第三者配信事業者を利用しています。ご了承ください。